出産・育児

帝王切開後の妊娠はいつから可能なの!?

こんにちは、ウェス@ブログ初心者です。

前回、嫁さんが逆子で帝王切開のピンチという記事を書いたのですが

嫁さんが妊娠35週目に逆子になってしまったこんにちは、ウェス@ブログ初心者です。 特にこれまで触れていませんでしたが、ウェスには嫁さんがいます。 その嫁さん、現在妊娠中な...

帝王切開を行った場合に、次の子を妊娠して問題ない時期というのはいつになるのか?!
というのが、ウェス家の家族計画的に気なっているので、調べてみました。

帝王切開後の妊娠はいつから可能なの!?

帝王切開に種類がある?

帝王切開には、「予定帝王切開」「緊急帝王切開」の2種類があります。

どちらも母子いずれかに問題があり、自然分娩にリスクがあると判断される場合に帝王切開となります。

予定帝王切開」はウェスの嫁さんのような逆子や前置胎盤、以前にも帝王切開をしているまたは、子宮を手術しているなどの場合に行います。
予め帝王切開を行う日を決めて行います。

緊急帝王切開」は自然分娩の予定だったが、自然分娩がうまく進まず母子のどちらかに命の危険が迫った時などに緊急で行う場合に行います。
自然分娩を予定していても、帝王切開は起こりうることです。

1度帝王切開をすると次も帝王切開になるの?

ほとんどの場合が次回の出産時に帝王切開をすすめられることになるようです。

ただ、色々な条件(前回出産からの経過年数・母体の状態・胎児の状態など)があるようですが、それらをクリアしている場合に「TOLAC(トーラック[trial of after cesarean delivery]」と呼ばれる経膣分娩が可能となる場合があるようです。

ただ、TOLACはどこの産婦人科でもできるものではなく、緊急事態への対応がきちんと出来る環境の整った病院でないと行われていないそうです。

どうして間隔を開けないといけないの?

調べて衝撃だったのですが、「子宮破裂」の心配・危険性があるからのようです。

子宮破裂とは

子宮が自然に裂けて開いてしまうことを言います。
帝王切開をしたことがある場合や子宮の手術をしたことがある場合に子宮破裂が起こりやすくなります。

帝王切開や子宮の手術をしたことがある方は、その時の傷跡があるので子宮破裂の確率が上がるようです。

帝王切開後の妊娠はいつからOK?

今回の記事の一番のテーマである、次の妊娠はいつ出来るの?なのですが

やはり、1年は最低でも空けた方がよいというのが大半ですね。

帝王切開は、開腹手術になるので母体側の回復をキチンをさせてからでないと、先ほどの子宮破裂の可能性が出てきてしまいます。

身体の自然治癒に必要とされる期間が「おおよそ1年」と言われているので、一般的に1年は空けるように言われるそうです。

ただ、1年空けたから確実に子宮破裂などのリスクがなくなるというわけではないようなので、それぞれ「年子でも大丈夫だった」「3年空けたけど子宮破裂の危険があった」など個人差があるようです。

帝王切開で何人産めるの?

1度帝王切開をしてしまうと、基本的には2度目以降の帝王切開になる可能性が高いことはわかりました。
何人までなら帝王切開で産むことが出来るのでしょうか?
我が家は少なとも2人、可能なら3人思っています。

回数に限りがあるということよりも、回数が増えればそれだけ母体への影響・リスクがくなるようです。

胎盤異常子宮と臓器の癒着というがあるようです。

胎盤異常とは

2度目・3度目など、次の妊娠時に前置胎盤や癒着胎盤などの胎盤異常を起こす可能性が高くなり、出産時に大量出血を起こす危険がある。

子宮と臓器の癒着とは

手術をすることによって、子宮と周りの臓器が癒着する(つまりくっつく)。
次の手術時に膀胱や尿道、腸管などの臓器が傷つく危険がある。

従って、何回産めるかではなく、母体の状況・状態によってきてしまいます。

次の子を考える際には医師へまず相談をして、母体に異常がないかを確認してからでないとママに負担がかかってしまうことになります。

家族計画に関しても、妊娠時期をきちんとコントロールしていくことが大事です。

よかったらフォローお願いします